ブログ作成 ブログ運営

WordPressの編集画面が真っ白になる原因6つと対処法7つ

WordPressの編集画面が真っ白になる原因6つと対処法7つアイキャッチ画像

いつものようにブログを書こうとしたら、

WordPressの編集画面が表示されない!

Wordpressの編集・管理画面や固定ページが真っ白!

このような経験はありませんか?

ある日とつぜんWordPressで記事が書けなくなったらあせりますよね。

そこで今回は、WordPressの編集・管理画面が真っ白になる原因と対処法を徹底解説します。

はまかぜ

筆者の実体験と解決方法もお伝えします。

この記事を読めば、またいつものように記事が書けるようになりますよ。

この記事を読んでわかること

  • WordPressの編集・管理画面が真っ白になる原因
  • WordPressの編集・管理画面が真っ白になったときの対処法
  • WordPressの編集・管理画面が真っ白になる前に日ごろ備えておくべきこと

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる原因6つ

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる原因6つH2下画像

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる原因は、おもに6つあります。

ブラウザのキャッシュ

ブラウザ(ウェブサイト閲覧ソフト)のキャッシュってなんなの?

りん
はまかぜ

見たウェブサイトの文章や画像を一時的にブラウザに保存しておくことだよ。

なるほど、次に訪れたときにサイトを早く表示するためね。

りん

ブラウザのキャッシュが原因でWordPressの編集・管理画面が真っ白になることがあります。

解決策はブラウザのキャッシュを削除するをご覧ください。

キャッシュプラグインの使用

キャッシュプラグインとは、WordPressのデータを一時的に保存する機能を持ったプラグインのことです。

はまかぜ

WP Super CacheWP Fastest Cacheが有名ですね。

キャッシュプラグインはサイトの表示速度を上げるためのものです。

しかし高速化があだとなりWordPressの編集・管理画面が真っ白になることがあります。

解決策はキャッシュプラグインを使っているならキャッシュを削除またはプラグイン無効化をご覧ください。

プラグインの新規インストール・更新

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる原因として多いのが、プラグインの新規インストール・更新です。

WordPress本体やテーマのバージョンとの相性が悪いために起きます。

はまかぜ

画面が真っ白になったら、まずはプラグインが原因かも?と疑いましょう。

解決策は新規インストールあるいは更新したプラグインの無効化をご覧ください。

テーマの更新

CocoonやSWELL、AFFINGERといったテーマを更新すると、WordPressの編集・管理画面が真っ白になることがあります。

原因として以下の2つが考えられます。

  • テーマファイルがダウンロード時に破損していた
  • WordPressあるいはプラグインとの相性が悪い

解決策はテーマの再ダウンロードまたは不具合前のバージョンを入れるをご覧ください。

WordPressのバージョンアップ

WordPressのバージョンアップは、WordPressの編集・管理画面が真っ白になる原因として比較的多いです。

はまかぜ

とくに大きく改定されるメジャーアップデートは要注意です。

記憶に新しいのはWordPress5.9.3から6.0.0へのバージョンアップです。

Twitter上では、多くの人が「WordPressを6.0.0にしたら編集画面が開けなくなった!」と大騒ぎになりました。

はまかぜ

原因はConoHa WINGサーバーのWEXALでしたが、現在は解決しています。

WEXALはWordPressの高速化プログラムでキャッシュを利用します。

ConoHa WINGサーバーなら無料で利用可能です。

りん

以上のように、きっかけはWordPressのバージョンアップでも裏でキャッシュの問題が隠れていることがあります。

したがってまずはブラウザのキャッシュを削除しましょう。

改善なければWordPressのダウングレード(バージョンを元に戻す)をご覧ください。

PHPファイルなどの編集

PHPファイルなどのカスタマイズや入力ミスにより、WordPressの編集・管理画面が真っ白になることがあります。

PHPファイルって何なの?

りん
はまかぜ

ざっくり言うと、WordPressなどを構成している大事なプログラムのことだよ。

とくにブログ初心者は、PHPファイルなどは触らないようにしましょう。

解決策はPHPファイルなどを再アップロードをご覧ください。

WordPressの編集・管理画面が真っ白になったときの対処法7つ

WordPressの編集・管理画面が真っ白になったときの対処法7つH2下画像

WordPressの編集・管理画面が真っ白になったときの対処法は以下の7つです。

デバッグモードについて

WordPressの画面が真っ白になった際に、WordPressのデバッグモードを使う方法があります。

WordPress の設定ファイルである「wp-config.php」の

define( 'WP_DEBUG', false );

define( 'WP_DEBUG', true );

に変えるとphpファイルのエラーが表示され原因がわかるというものです。

しかし筆者の環境では「wp-config.php」に上記の記載はなく、コードを追記してもエラー表示はされませんでした。

ブラウザのキャッシュを削除する

WordPressの編集・管理画面が真っ白になったら、まずはブラウザのキャッシュを削除しましょう。

Google Chrome編


  • step.1

    パソコン版を例に説明します。

    画面右上の①「Google Chromeの設定」アイコン→②「その他のツール」→③「閲覧履歴を消去」の順にクリックします。

    Google Chromeキャッシュを削除画像01


  • step.2

     ①「キャッシュされた画像とファイル」の横にあるチェックボックスをオン→②「データを削除」をクリックします。

    Google Chromeキャッシュを削除画像02


スマホの場合は公式サイトに以下のとおり掲載されています。

Safari編


  • step.1

    iPhone・iPadを例に説明します。

    設定→Safariへと進み、「履歴と Web サイトデータを消去」をタップします。

    iPhoneのSafariでキャッシュを削除する方法画像01


  • step.2

    「履歴とデータを消去」をタップします。

    ウェブサイトの閲覧履歴やCookie(ウェブサイトの情報が記録されたファイル)なども消えるのでご注意ください。

    iPhoneのSafariでキャッシュを削除する方法画像02


キャッシュプラグインを使っているならキャッシュを削除またはプラグイン無効化

WP Super CacheWP Fastest Cacheなどのキャッシュプラグインを使用している場合は、以下のように対処しましょう。

  • プラグイン内でキャッシュを削除する
  • プラグインを無効化する

新規インストールあるいは更新したプラグインの無効化

プラグインの新規インストールあるいは更新後に不具合が起きた場合は、プラグインを無効化します。

WordPressの管理画面にアクセス可能な場合

直前にインストールあるいは更新したプラグインを無効化します。

はまかぜ

解決しない場合は一度すべてのプラグインを無効化し、ひとつずつ有効化していきましょう。

WordPressの管理画面にアクセスできない場合

お使いのサーバーにファイルマネージャーがある場合は利用しましょう。

ない場合はFTP(ファイル転送)ソフト編をご覧ください。

ファイルマネージャー編

筆者が利用しているConoHa WINGを例に説明します。

はまかぜ

基本的な使いかたは公式サイトをご覧ください。


  • step.1

    ①コントロールパネルのWING→②サイト管理→③ファイルマネージャーをクリックします。

    ConoHa WINGファイルマネージャー画像01


  • step.2

    ファイルマネージャーが起動します。

    ConoHa WINGファイルマネージャー画像02


  • step.3

    左メニューから①public_html→②自身のドメイン名→③wp-contentと進みます。

    pluginsフォルダにすべてのプラグインが入っています。

    ConoHa WINGファイルマネージャー画像03

  • step.4

    pluginsというフォルダ名を右クリックして「リネーム」を選択し、「plugins-temp」などのわかりやすい名前に変更します。

    ConoHa WINGファイルマネージャー画像04

    特定のプラグインが原因とわかっている場合は、pluginsフォルダ内の原因プラグインフォルダ名を変更することで個別に無効化も可能です。

  • step.5

    フォルダ名が変わることでWordPressから認識されなくなり、すべてのプラグインが無効化されます。

    以下はWordPress管理画面のプラグインへアクセスできた場合の画像です。

    WordPressのプラグイン無効化画像01

  • step.6

    プラグインが無効化されたのを確認できたら、ファイルマネージャーで先ほど変更したプラグインのフォルダ名を「plugins」に戻します。

    ConoHa WINGファイルマネージャー画像05

  • step.7

    WordPressの管理画面からプラグインへアクセスすると、全プラグインが無効化されています。

    WordPressのプラグイン無効化画像02

    ひとつずつ有効化し、原因となったプラグインを探しましょう。

FTPソフト編

FTP(File Transfer Protocol)というファイル転送ソフトを使ってプラグインが保存されているフォルダにアクセスします。

はまかぜ

筆者が愛用しているFFFTPを例に説明しますね。


  • step.1

    WordPressを設置しているサーバーに接続し、public_html→自身のドメイン名→wp-contentと進みます。

    pluginsフォルダにプラグインが格納されています。

    FFFTP画像01


  • step.2

    pluginsというフォルダ名を、plugins-tempなどのわかりやすい名前に変更します。

    FFFTP画像02

    特定のプラグインが原因とわかっている場合は、pluginsフォルダ内の原因プラグインフォルダ名を変更することで個別に無効化も可能です。


  • step.3

    フォルダ名が変わることでWordPressから認識されなくなり、すべてのプラグインが無効化されます。

    以下はWordPress管理画面のプラグインへアクセスできた場合の画像です。

    WordPressのプラグイン無効化画像01

  • step.4

    プラグインが無効化されたのを確認できたら、FTPソフトで先ほど変更したプラグインのフォルダ名をpluginsに戻します。

  • step.5

    WordPressの管理画面からプラグインへアクセスすると、全プラグインが無効化されています。

    WordPressのプラグイン無効化画像02

    ひとつずつ有効化し、原因となったプラグインを探しましょう。


テーマの再ダウンロードまたは不具合前のバージョンを入れる

まずはテーマファイルをダウンロードし直して、再度アップロード・有効化してみましょう。

ダメな場合は、テーマファイルとWordPress本体あるいはプラグインとの相性が悪いと言えます。

はまかぜ

不具合が起きる前のバージョンのテーマファイルに戻しましょう。

WordPressのダウングレード(バージョンを元に戻す)

WordPressのアップデート後に不具合が生じたら、まずはブラウザのキャッシュを削除してください。

改善なければ、WordPressをダウングレードする(バージョンを元に戻す)必要があります。

WordPressをダウングレードする方法は以下の2つです。

  • プラグイン「WP downgrade」を利用する
  • 公式サイトから古いバージョンのWordPressをダウンロードし、FTPでアップロードする

もっとも簡単なのは前者のWP downgradeというプラグインを利用する方法です。

でもWP downgradeのせいでひどい目にあったのよね。

りん
はまかぜ

編集・管理画面が真っ白になるだけではすまされなかったんだよ。

筆者としてはWP downgradeの使用はおすすめしません。

なおWordPressのバージョンをダウングレードする具体的な手順は以下の外部サイトが詳しいです。

ダウングレードはセキュリティ上良くないので、解決したら必ずアップグレードしましょう。

【2つの方法】WordPressダウングレード・バージョンダウン方法

PHPファイルなどを再アップロード

PHPファイルなどを編集後にWordPressの編集・管理画面が真っ白になった場合は、PHPファイルなどをアップロードし直す必要があります。

まずはカスタマイズ前のPHPファイルなどを用意します。

はまかぜ

バックアップデータを用意するか公式サイトからダウンロードしましょう。

続いてお使いのサーバーのファイルマネージャーかFTPソフトを使ってファイルを上書きすれば完了です。

最終手段!何をやってもダメならバックアップデータから復元しよう

あれこれやっても復旧しないならば、最終手段はバックアップデータからの復元しかありません。

お使いのサーバーにあるファイルマネージャーまたはFTPソフトを使用し、バックアップファイルをひたすらアップロードしていきます。

はまかぜ

日ごろのバックアップはBackWPupというプラグインがおすすめです。

サーバーの自動バックアップから復元する方法もあるわね。

りん

以下はFFFTPというファイル転送ソフトを使ってファイルを復元している様子です。

FTPソフトでファイルアップロード画像01
FTPソフトでファイルアップロード画像02

WordPressを構成しているファイルは数千個におよぶので、ファイルの復元にはかなりの時間を要します。

すべてをアップロードするのは大変です。

はまかぜ

サーバー上のファイルの日付を見て不具合前のものはスキップするのもアリです。

筆者はバックアップデータからの復元で当サイトを復旧させました。

詳しくは次の実体験を見てね。

りん

ウェブサイトが一時閲覧不能に!筆者のおそろしい実体験

ウェブサイトが一時閲覧不能に!筆者のおそろしい実体験H2下画像

誰もが経験したくない、WordPressが真っ白問題。

しかし筆者は一度痛い目にあったことがあります。

きっかけはWordPressのバージョンアップ

WordPressの編集画面が真っ白になったきっかけはWordPress5.8.3→5.9.3へのバージョンアップでした。

最初はまだ管理画面へアクセスできる状態でした。

ブラウザキャッシュの削除が無効だったので、WP Downgradeプラグインを使ってWordPress5.9.3→5.8.3へとダウングレードしました。

はまかぜ

無事に編集画面が表示されるようにはなったけど……。

このあと悲劇が起こったのよね。

りん

WP Downgradeは使うな!?さらに事態は悪化へ

WordPressのバージョンが古いとセキュリティなどの問題があります。

はまかぜ

再度アップグレードするとまたも編集画面が真っ白に。

テーマとの相性が悪いと判断し、AFFINGER6 EX(当サイト使用テーマ)の最新版を反映させるとウェブサイトのレイアウトがめちゃくちゃになってしまいました。

はまかぜ

もちろん記事に編集もできないままです。

仕方なくまたWordPress5.8.3へダウングレードしたときのことです。

サイトに重大なエラーが発生してしまいました。

WordPressの致命的なエラー出現画像
※テストサーバーでの再現画像です。

Fatal errorって怖いわね。

りん

編集は可能になりましたが、重大なエラーが出たのは怖いのでWordPress5.9.3へアップグレードし直しました。

アップグレードとダウングレードやりすぎなんじゃない?

りん
はまかぜ

当時は何とかしたいとあせってたんだよ。

ところが最後のアップグレードがあだとなり、いよいよ管理画面へもアクセス不可能に。

一時はサイト閲覧不能にまでおちいりました。

実は重大なエラーが発生すると、「リカバリーモード」での復旧をすすめるメールが届きます。

WordPressのサイトで技術的な問題が発生していますメール画像

メールに記載のURLへアクセスし、リカバリーモードに入ります。

WordPressのリカバリーモード画像01

プラグインへ移動し、WP downgradeを無効化したらリカバリーモードを終了しましょう。

WordPressのリカバリーモード画像02

以上の作業で復旧できる場合があります。

はまかぜ

でもメールが来ているのを知らずにいろいろ作業してしまって。

結果的に悪化させたというわけね。

りん

WP downgradeは便利なプラグインですが、筆者は二度と使うまいと決心しました。

最終手段はバックアップデータからの復元

Twitterで窮状をうったえたところ、たくさんの方から励ましやアドバイスをいただきました。

ただアドバイスどおりいろいろやってもうまくいかず……。

最終的にバックアップデータから復旧させることができました。

結局なにが悪さしていたの?

りん
はまかぜ

後日検証したんだけど、残念ながら特定には至らなかったよ。

原因の特定には至りませんでしたが、今回の悲劇は以下のさまざまな要因が複雑に絡みあった結果起きたと考えられます。

  • きっかけはWordPressのバージョンアップ
  • WP downgradeで致命的なエラーが出現
  • AFFINGER6 EX(テーマ)バージョン20220411はPHP8.0でレイアウト崩壊
  • リカバリーモードに気づかず、あれこれ作業した
はまかぜ

もう二度と経験したくないね。

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる前に日ごろ備えておくべきこと4つ

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる前に日ごろ備えておくべきこと4つH2下画像

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる瞬間はとつぜんやってきます。

あわてず対処するためには、日ごろから以下の4点をおさえておく必要があります。

WordPressのメジャーアップデートとプラグインの自動更新はオフにする

WordPressの編集・管理画面が真っ白になるタイミングとしてよくあるのが、WordPress本体やプラグインの更新(バージョンアップ)です。

はまかぜ

とくにWordPressのメジャーアップデート時に不具合が起きやすいです。

WordPressのメジャーアップデートとプラグインの自動更新はオフにしましょう。

WordPressのメジャーアップデートの自動更新をオフにする方法


  • step.1

    ①ダッシュボード→②更新→③「メンテナンスリリースとセキュリティリリースのみの自動更新に切り替えます。」の順にクリックします。

    WordPressの自動更新をオフにする方法画像01


  • step.2

    「このサイトは WordPress のメンテナンスリリースとセキュリティリリースのみで自動的に最新の状態に保たれます。」と表示されたら成功です。

    WordPressの自動更新をオフにする方法画像02

    メジャーアップデートの自動更新を有効化する場合は、「WordPress のすべての新しいバージョンに対する自動更新を有効にします。」をクリックしてください。


マイナーアップデートを含めたWordPressの自動更新をすべて停止する方法もあります。

しかしphpファイルをカスタマイズする必要があるため割愛します。

プラグインの自動更新をオフにする方法

ダッシュボードの①「プラグイン」→②「インストール済プラグイン」→③「自動更新を無効化」の順にクリックします。

WordPressプラグインの自動更新を無効化する方法画像

WordPressの定期バックアップ

当サイトは一時的に閲覧不能までおちいったことがあります。

しかしWordPressのデータファイルをバックアップしていたおかげで復元できました。

はまかぜ

データのバックアップがいかに重要かを痛感しました。

不測の事態にそなえて、WordPressの定期バックアップ必ずとるようにしましょう。

WordPressのバックアップにはプラグインがおすすめです。

はまかぜ

筆者はBackWPupを使用しています。

BackWPupの設定方法などは以下の外部サイトが参考になります。

【2022年最新】BackWPupの使い方・設定方法・データ復元方法まとめ

自動バックアップ機能のあるレンタルサーバーを選ぶ

WordPressの定期バックアップは基本的にプラグインで対応すれば十分です。

しかしあなたが使用しているレンタルサーバーに自動バックアップ機能があれば、さらに安心できますよね。

【個人ブログ向け】レンタルサーバー選び方のコツとおすすめ4選を徹底比較で紹介しているサーバーは、いずれも無料で14日間の自動バックアップ機能がついています。

当サイトが使用しているConoHa WINGも無料で過去14日間のデータ復旧が可能です。

WordPressのアップデートはテストサーバーで行ってからにする

筆者は当サイトが一時閲覧不能になる実体験のあと、テストサーバーを立ち上げました。

と言ってもサブドメインの開設です。

当サイトも使用しているConoHa WINGは、無料でカンタンにサブドメインを作成しWordPressをまるごとコピー可能です。

ConoHaはサービス開始9周年を迎えました。

2022年8月29日(月)16時まで、Happy Summer キャンペーンを実施中です。

\ 8/29まで最大62%OFF! /

ConoHa WING公式サイト

キャンペーン終了まで --時間---

サブドメインに同じ環境を作りWordPressなどのバージョンアップは先にサブドメインで行えば、リスクを減らせます。

はまかぜ

検索エンジンに見つからないよう記事はnoindex,nofollowにしておきましょう。

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる原因と対処法まとめ

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる原因と対処法まとめH2下画像

最後にまとめです。

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる原因6つ

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる原因は、以下の6つです。

プラグインが原因であることが多い印象ね。

りん

WordPressの編集・管理画面が真っ白になったときの対処法7つ

WordPressの編集・管理画面が真っ白になったら、以下のとおり対処しましょう。

まずはブラウザのキャッシュの削除をやってみてね。

りん

画面が真っ白になったときのために日頃から備えておくべきこと4つ

WordPressの編集・管理画面が真っ白になる不測の事態にそなえてやっておくべきことは以下の4つです。

WordPressの編集・管理画面が真っ白になっても、あせらず冷静に対処しましょう。

はまかぜ

困ったらまずはTwitterで相談するのもアリです。

にほんブログ村 ブログブログ ブログ運営へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はまかぜ

2021年12月から副業としてブログを開始。ブログで収益を上げていく過程やブログ運営に関すること、資産運用記録を発信中です。 40代共働き夫婦 | 子供2人 | アメブロ歴4年

-ブログ作成, ブログ運営
-